読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナシナ日記(Done Den Words)

熊本発の音楽プロジェクト(Done Den Words:ドンデンワーズ)で活動中。ナナシナタロウの日記です。youtubeチャンネル→【https://goo.gl/B0kt6a】

北海道からの旅②

旅のはなし

 

旅好きでもあるナナシナ。

 

今回は、北海道からの旅のパート2ということでいきたい。

 

前回は下のルートのうち、③の京都舞鶴港までの道中のお話でした。

 

【北海道までのルート】

①熊本から大分西港へ(車移動;約3時間)

②大分西港から神戸港へ(フェリー移動:約11時間)

神戸港から舞鶴港京都府の北部)へ(車移動:約3時間)

舞鶴港から小樽港へ(フェリー移動;約20時間)

 

 

【いざ長距離フェリー】

天橋立は上から見れなかったものの、

無事、舞鶴港へと到着。

このフェリー、夜中の23時頃に出発して

翌日の20時頃に北海道は小樽に到着するというダイヤ。

 

殺人的に暇な時間が20時間も続く訳だが、

実は結構この時間は楽しかったりする。

 

乗客を飽きさせないように、映画があったり、

ちょっとしたショーやビンゴ大会なんかがある。

 

私が乗った時も、「スポンジボブ」が上映されていた。

見てないけど。

 

そんな催しはさておき、

この長時間の船旅は、現代人にとってなんか色んな意味で

休息の時間になる気がするのだ。

 

特に、

 

携帯の電波が入らなくなる。

 

コレがとても良い。実は。

ふいにグーグル開こうとして

圏外←こいつと目が合って

ポケットにスマホを戻す。

この一連の動作を何回かやってしまう。

 

あぁ、自分はこんなにスマホ依存していたのか

なんて気付けたり

 

甲板でポケーッっとハイスタを聞いてたら

今まで気付かなかった音に気付けたりとか

 

普段の生活と比べて制限される分、

いろいろと考えたりするチャンスでもある。

 

だから結構好きなんです。おすすめ、フェリー旅。

 

 

【フェリーでの食事】

旅のスタイルは人それぞれだが、

私の場合は、無駄な出費は極力抑えたいタイプである。

初めて長距離フェリーに乗ったときに

失敗したなぁと思ったのが

食事である。

 

中にあるもので済ませようなんで思っていると

夕食は2000円位するバイキング一択

なんてこともある。罠だ。

 

そうでないときもあるけど、、やっぱり少し割高なので

事前にスーパーとかコンビニである程度食品を買っておくのが

私のスタイルである。

 

注意しなければならないのが、最近コンビニなんかにある

電子レンジ専用のちゃんぽん等

 

フェリーによっては電子レンジがなかったりする。

すると、詰む。罠だ。

 

きっとこれはフェリー会社の策略である。

バイキングを食べろ、と。頼む、食べてくれ、という。

そんな声が聞こえてくる。

 

そんな声を無視し、私は弁当を持ち込む。

旅のスタイルは様々なのだ。

 

 

【小樽着~北海道初めての朝】

20時くらいに小樽に着く。

8月なのにちょっと肌寒い。

 

小樽運河を横目に車を走らせ、

予約していたドミトリーに入る。

 

この宿がまるで親戚の家に来たみたいで

とても居心地がよい。

 

居間みたいなところでご主人や宿泊客とはなしていると

君は明日なにをするんだい?

という話になった。

 

上陸したのちは札幌に移動しようとは思っていたけど

それ以外はほんとにノープランだった私は

なにしたら良いですかね?と逆に尋ねる始末。

 

でもこれがこういう宿のいいところで、

地元のスポットなんかを事細かに教えてくれるのだ。

そう、行く先を示すは地元の声なのだ。

そしてそういう場所はたいてい

ネットの検索で上の方になんて出てこない。

 

いろいろと話しているうちに。

 

話がまとまった。

 

北海道初日。

私は、宿泊客(40代男性)とふたりで

シン・ゴジラ(映画)を見に行く。

 

なぜか。

 

北海道まで来て

 

なぜか。

 

どういう話し合いなんだ。

ちゃんと理由はある。

 

宿主がやたらとゴジラファンで

最近観に行ってきたばかりらしく

饒舌なスピーチでシン・ゴジラの魅力を語る。

宿泊者の男性が「僕もみたいなぁ」とポツリ。

ポツリとした上で、

さっき車で来ていると話したばかりの

私の方をチラリ。

 

この流れで

このプランに落ち着いた。

 

初の北海道だというのに、

初日のメインイベントが「映画」

しかも知り合ったばかりの成人男性と一緒という

端からみると罰ゲームともいえるプランだが

同時に旅の、超上級スタイルにも思えた。

 

 

 

f:id:nanashina-taro:20170107012617p:plain

※宿から見下ろす小樽の街。レンズがきたない。

 

翌朝、ラジオ体操なんかで目を覚ました後、

朝一番の回を見に行ったのだが、

これが結構おもしろかった。

エヴァ好きだし。

やっぱり映画ってすばらしいですね。

 

 

男性を送って、別れたのち

旅先での映画も

なんか、贅沢な時間で

いいもんだなー

なんて思っていた。

 

小樽の空は無茶苦茶晴れていた。

やっぱり九州と比べると、空気がカラッとしてて

暑さに可愛げがある。

 

さて、北海道を楽しむか。

午後からは、家主が紹介してくれた

テーブル岩にいってみよう。

どうも隠れた絶景らしい。

 

うん、なかなかいいスタートじゃないか。

 

 

 

ただ、この出来事によって、

今後出会う人々から

「北海道に来てまずなにしたの~」と聞かれる度

 

「映画を見ました」

「え、ひとりで?」

「いや、しらないオジさんと」

(なにこの人コワイ)

 

ここから事情を説明するのが

結構面倒臭いということを、

その時の私はまだ知らなかった。

 

f:id:nanashina-taro:20170107012802j:plain

※テーブル岩はこんな感じ。先端から下を覗くと、今、生きてる。ギリギリ生きてる。って思えるレベルの絶景。

 

→続く